うたびと染矢敦子の誕生

染矢敦子Photo
うたびと染矢敦子の誕生

子供の頃から、尊敬し大好きだった祖父と祖母。
祖父は、アコーディオン、詩吟、剣舞、字がとてもキレイで、
字の練習や何かを書き留める姿をよく見ていました。
祖母は、短歌、水墨画。祖父の斜め前で短歌を書いていました。

強さと優しさ、ユーモアと凛々しさ、私が私でいられる安心の場所。
2人の間には、ペンと紙、果物、そして明るい笑顔がいつもありました。

2003年、最後に会った日、歌を聴いてもらい、手を握りあった祖父との別れ。
暗い子供時代、家の光だった愛犬もその後すぐに逝ってしまいました。

人生の終わりの日まで、自分には何をできるだろう。
祖父や愛犬にもらったもの、私は同じように誰かを励ませないだろうか、
救えないだろうか、笑顔にできないだろうか。
作る歌やコンサート、生き方も変化していきました。

2012年、突然の祖母との別れ。
その別れをきっかけに気付かされた家族の愛、絆もとても大きかったです。
それは、祖母からの最後のプレゼントのようでした。

祖母は「家族を歌う歌人」
子供の頃から、何も言わなくても不思議と心を読み、大切なメッセージをくれる祖母。

20歳ぐらいの時です。辛くて辛くて仕方なかった時、声を聞きたくて、
でも心配かけたくなくて笑いながら電話をかけました。
「あっこが誰より頑張ってること、ばあちゃんは知ってるよ」
祖母のその一言は忘れられません。

ある時、聞いてみました。
「ばあちゃんは、なんで何も言ってないのに、色んなことがわかるん?」
「ばあちゃんは、うたびとの目で見てるからね」

祖母が逝った日、私は「うたびと」として愛や絆を歌っていくことを決心しました。

祖母のように、歌を聴いてくれた人の心をふわっと温かくするような、
幸せや笑顔や勇気、できれば命を…歌で繋ぐ「うたびと」でありたいと思っています。

祖父と祖母のこと
ブログにも書いています。読んでもらえたら嬉しいです。

祖父と祖母
尊敬する祖父と、うたびとの祖母のことを書いています。
タイトルとURLをコピーしました